三田 崇博Takahiro Sanda

三田 崇博の写真
担当エリア:
  • 近畿
1975年奈良県生駒市生まれ。旅好きが高じ、サラリーマンから独学で写真家に転向。現在までに90か国以上の国と地域を旅して歩き、340か所以上の世界遺産の撮影を行う。定期的に全国各地で開催している写真展は100回を超える。現在は世界遺産とミャンマーを主な被写体として旅を続けている。日本写真家協会(JPS)会員、総合旅行業務取扱管理者の資格も持つ。

■主な個展
2008年 「ヨーロッパ・アジア・日本の遺産」入江泰吉奈良市写真美術館
2009年 「世界遺産写真展~エジプト・ヨーロッパ編」鎌倉芸術館
2010年 「生命の大地アフリカ」大阪府立近つ飛鳥博物館
2011年 「心の旅で感じる世界遺産」横浜相鉄ギャラリー
2012年 「軌跡~アジアからアフリカへ」札幌山の手ギャラリー
2013年 「ラテンアメリカの遺産」愛媛県生涯学習センター 
2014年 「世界の湖と日本の湖」滋賀県立琵琶湖博物館
2015年 「暁~世界の夜明け」京都府立けいはんな記念公園ギャラリー月の庭
2016年 「世界三十六景」富士フイルムフォトサロン東京・大阪
2016年 「MYANMAR TIME」オリンパスギャラリー東京・大阪
2017年 「四季奈良」Running Horse Lantern,Hong Kong
2018年 「トキナーレンズで撮る世界遺産」ケンコートキナーサービスセンター
2018年 「Earth Color FURANO × WORLD」フラノ寶亭留
2019年 「平成の世界遺産」アルカスSASEBO

■著書
「心の旅で感じる世界遺産」(2011年)
「アフリカの遺産と人々」(2012年)
「ラテンアメリカの遺産」(2013)
「NORTH AMERICA ラストフロンティア」(2013年)
「生駒の火祭り」(2014年)
「オセアニアの遺産」(2014年)
「旅写真家が厳選した 世界三十六景」(2016年)
「MYANMAR TIME」(2016年)

■ホームページ
http://photosanda.com/